紫外線対策は体の中からでも出来る

紫外線対策は体の内側からも可能です。体の内と外の両側面からケアをすることが有効な方法となります。紫外線対策の方法として、体の表面からと体の内面から行う方法があります。ビタミンCやE、βカロチン、リコピンを意識して摂取することが、紫外線に対抗しうる体質づくりに役立ちます。ビタミンCはほうれん草、小松菜、ピーマン、ブロッコリー、そしていちごなどの青果やイモに豊富に含まれています。メラニン色素ができくくし、シミをできにくくして紫外線対策に効果的に作用します。アスパラガスやかぼちゃはビタミンEの多い食べ物として知られています。このほか、たらこやいわし、きんめだいなどの魚介類や、落花生やアーモンドなどの木の実からもビタミンEを補給することができます。皮膚の新陳代謝を活発にして紫外線対策に効果を生みます。ビタミンを含む野菜はβカロチンも多いようです。にらやトマト、にんじんなども要チェックです。皮膚が紫外線から受ける作用を食い止め、紫外線対策を行います。肉類や野菜類、卵や大豆のタンパク質にはリコピンという栄養素が豊富です。紫外線の影響で増加するメラニンが増えないよう酵素を阻害したり、免疫力をアップさせて活性酸素を消すなどの効果があります。紫外線対策になる栄養素は、バランスのよい食生活を心がけていれば補えるものです。不足する場合には、サプリメントの助けを借りて紫外線対策するとよいでしょう。(ref: 432557286-136)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です