紫外線の対策は年間を通して必要

紫外線の対策は年間を通して必要です。紫外線対策をしっかりしておかなければ、肌のしみやそばかす、たるみやしわが目立つようになります。紫外線とは、地球に届く太陽光線のうち、波長が短く高いエネルギーを持った光のことを指します。 可視光線と赤外線と紫外線という3つの光で、太陽の光線は成り立っています。明るく感じる光が可視光線、暑さを感じる光が赤外線です。皮膚に照射されるとビタミンDを作るのが紫外線です。普段の食べているものからビタミンDは得ることがてきますし、太陽光も冬の光で十分ビタミンDを作り出せます。紫外線はないと困りますが、浴びすぎると様々なものの要因となるため対策が必要とされます。紫外線を細かく見ると、UV-A、UV-B、UV-Cの3つがあります。人体にもっとも悪影響があるUV-Cはオゾン層で吸収されるので、地球に届く紫外線には含まれていません。A波とB波はオゾン層を突き抜けて地表に届くので、対策が必要です。B波は8月のオゾン層が減る時期が要注意です。一方、5月は高い場所から太陽の光が届くので、Aの紫外線が強くなります。とはいって冬でも夏の半分の紫外線があるため、対策がいらないわけではありません。紫外線は曇りや冬の日でも意外と強い光が地表に届いていますので、しっかり対策を立てておかなければなりません。(ref: 432557286-130)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です