妊娠中にダイエットが必要な場合

妊娠中はダイエットをしないことが基本ですが、中には医師から妊娠中でもダイエットをするように言われる妊婦さんもいます。病院からの指導がある時とは、妊娠中にダイエットが必要なほど太った時です。妊娠中に一気に体重が増えると糖尿病の原因になったり、妊娠中毒症の可能性が出てきます。妊娠中でも差し障りのない程度に食事量や塩分摂取量をコントロールしてダイエットをします。妊娠中はお腹の赤ちゃんのぶんも2人ぶん食べるという妊婦さんがいますが、それではカロリー過多の食事になります。妊娠中に摂取したいカロリーは2200kcal程度で、お腹の赤ちゃんのぶんは300kcalほど多く摂取すれば足りるとされています。体脂肪がたくさん蓄積されたために、産道が開きづらくなり難産になってしまうという事例もあります。妊娠中にダイエットの必要性が生じたら、医師の指導に基づき適性な食事内容でコンディションを整えていきましょう。妊娠中に塩分を摂取しすぎると妊娠中毒症の恐れがありますので、味付けは控えめにしてください。とはいえ、子どもを産んでからは子育てに授乳にと基礎体力がものをいう時期に突入することになります。赤ちゃんの面倒を見ているうちにダイエットも不必要になったという人もいます。妊娠前に比べて増加した体重が10㎏程度ならば、妊娠中のダイエットなどは不必要です。(ref: 432557286-52)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です