妊娠中のダイエット

ダイエットを、妊娠中も行う人がいるといいます。経産婦の中には、妊娠中の体重増加のまま今に至るという方も案外と多いといいます。そのため、赤ちゃんが生まれてからダイエットを行う人も少なくありません。妊娠中にできるだけ太らないように、ダイエットをしてもいいのでしょうか。答えはNOです。妊娠中は胎児の重みも加わるので徐々に太るのですが、実は妊娠初期に限っては逆に痩せる人が多いものです。つわりの影響が大きく、安定期といわれる5カ月目に入るまでは、食欲不振になる人もよく見かけます。つわりの時期を乗り越えると、お腹の子も大きくなって食欲も増し、母胎の体重も徐々に増えていくものです。妊娠中に体重が増えることを気にするあまり、お腹に赤ちゃんがいるうちからのダイエットを考える方もいます。妊娠中のダイエットや食事量を減らすことは、以前の体重プラス10㎏という状態でもなければしない方がいいでしょう。体重の増加が気になってしょうがないという場合は、食事内容を改善したり、適度な運動をすることで体重を調整します。芸能人の中には、子どもが産まれるとすぐにメディアに復帰する人もいますが、そういう人は妊娠中の体重コントロールに注意を払っています。妊娠中に体重が増えすぎると妊娠線ができたり、出産直後からダイエットをスタートさせてもなかなか体重が減らないこともあります。(ref: 432557286-46)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です