男性と女性の求人案内について

最近は、男性でも女性でも同じ求人を見ています。求人情報をこまめにチェックして、次の仕事を探してるという男性は多いようです。中には男性か女性かのどちらを募集しているのかよく分らないというケースもよくあります。男女機会均等法が施行されて以来、企業が出す求人欄には男性だけ募集、女性だけ募集という書き方をしてはいけないということになっているのです。女性が活躍中とか、若い男性の多い職場などという感じで、暗黙に男性や女性に限定して、応募しやすいような求人広告の書き方をしていることも少なくありません。一般的な求人の場合、条件さえ満たせば、性別を問わず、だれもが応募することができます。男性が多い職場ですという説明文があるならば、男性が仕事をしなければいけない理由があることがあります。求人を出している会社としては、男性社員を必要としているというわけです。女性が応募をして面接をうける事ができたとしても、結果として、不採用となることがほとんどでしょう。どうして不採用にするかについては、説明義務はありません。男性限定もしくは女性のみの募集といった求人ではなくてもイメージで分かります。暗に採用したい性別が限定されるようなイメージの求人に関しては、たとえ応募しても、書類段階で不採用になる事が多いのです。(ref: 423220425-94)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です