中小企業診断士の仕事と収入

仕事を選ぶなら高収入の職業がいいからという理由で、中小企業診断士の資格を取ろうとする人がいます。経営について外部の意見を欲している中小企業が、中小企業診断士に仕事を依頼します。企業の成長戦略の策定や実行のためのアドバイスを行います。国家資格の合格率はとても低く、年に一回行われる、とても有名な資格の一つといえるでしょう。資格スクールのパンフレットや、通信教育の紹介などでは、中小企業診断士の仕事は年収1,000万円を得ることができると書かれていることもあります。年収1,000万円が高収入かどうかは判断が分かれるところかもしれませんが、業務の幅が広い資格であるため、平均年収は余り参考になりません。3000万円を越える収入を得ている人もいる反面、年収は450万円という人もいるようです。高収入の人とは、自分の事務所を開いているという人に多いようです。多くの中小企業診断士の収入が高収入かどうかは、勤務している会社次第といえるでしょう。厚生福利のような待遇に関しては、中小企業診断士の資格がある方が優遇される傾向があります。日本の中小企業が置かれている状況はまだまだ厳しいものがあります。そんな中での中小企業診断士は、現時点では高収入の仕事にならずとも、ニーズのある将来性の高い資格であるといえます。(ref: 423220425-93)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です