社会保険労務士の仕事と収入

高収入の仕事ができる資格としてよく挙げられるのは、社会保険労務の資格です。金融機関でその能力を活かしたり、社労士事務所を開いたり、勤めたりできる資格が社会保険労務士であり、労務管理や社会保険のスペシャリストです。資格を仕事にどのように反映しているかは人によって様々で、高収入かどうかも仕事によって異なります。ある資料では、社会保険労務士の平均年収は760万円程度です。必ずしも高収入という印象を受けないかもしれません。実際に仕事をしている人の収入は450万~3000万円と大きく開きがあるようです。資格があれば収入に直結するという類のものではなく、社会保険労務士を必要としているどんな仕事をしているかがポイントです。一口に社会保険労務士の資格を持った人といっても、開業労務士と、勤務労務士との差は待遇や年収もかなり違いがあるようです。高収入になるのは独立開業をする場合の社労士です。いくつもの企業を顧客として、仕事がどんどん増えていけば、それだけ収入が増えて結果的に高収入になるという仕組みです。高収入の社会保険労務士も多いのは事実です。社会保険労務士であれば高収入の仕事になるとは単純に言い切れないというのが現状のようです。(ref: 423220425-92)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です