外国為替取引における為替相場とは

外貨の外国為替取引での交換比率を、為替相場と呼んでいます。単にレートともいいますし、為替レートや通貨レートとも言われています。それぞれの国の政府や中央銀行が発行し、その国内で現在流通している貨幣が使われています。国外では使えない、あるいは使いづらい貨幣は相手国の通貨に交換する必要がありますが、その際には為替相場の比率を用います。今の世の中、国境を越える取引が、貿易や資本移動などたくさん行われています。為替相場は自国の経済に大きな影響を及ぼします。為替相場の表記は日本では、1ドル100円という表記をしています。この考え方は自国通貨建てといい、自国の通貨が外国通貨1単位に対して、いくらかを決めるものです。普通はこの表記を、新聞やテレビのニュースなどで見ることが多いでしょう。円高になった、円安になったという言いまわしは、日本円の価値が相対的に安いか高いかで決まります。1ドル80円のほうが円の価値が高いことに、1ドル90円の場合と、1ドル80円で比較するとなります。円の数字が減っているのに円高という表現になるので、最初は戸惑う人がいるかも知れません。為替相場が円高になると、海外からの原材料や輸入品の価格が下がるため、物価が下がるなどの影響があります。(ref: 423220425-89)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です