ドル円の為替相場での変動要因とは

日本円と米ドルとの為替相場は、今まで1ドル360円の固定相場だったといいます。今では固定相場はなくなり、代わりに変動相場制となっています。その通貨の需要と供給に基本的に関係しているのが、為替相場の動きです。円売り、円買い、ドル売り、ドル買いは多くの企業が絶えず行っていますが、トータルで円を売ってドルを買いたい人が多ければドルは高くなり、円安が進みます。円安になると輸出が得になり、円高になると輸入が得になるといわれています。どちらがいいかといえば、国家経済からすれば極端な円高も円安も好ましくありません。ドル円が円高や円安に傾いた場合、政府の介入という形で為替相場をある程度コントロールすることがあります。 政府がどんなふうに操作するかというと、通貨政策や日本銀行の円買い介入などです。為替変動がドル円で起こる要因には、、政府介入のような政策的要因のほか、需給関係や経済的要因もあります。従って、ドル円の推移を推測するには、各国の貿易収支、経済成長率、雇用統計、物価などの情報が重視されます。この他ドル円相場を左右するといわれているのが、テロや戦争などです。アメリカで政情不安やテロがあればドル円のドルは弱くなりました。どこかの国で戦争が起これば外国為替市場ではアメリカドルの需要が高まり、ドル高に推移するわけです。(ref: 423220425-88)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です