為替相場での円高とドル円について

よく耳にする円高とは、相手通貨の1円に対して交換できる単位数が相対的に高いことを表しています。分かりやすく言うと、ドル円の為替レートが1ドル90円の場合と1ドル100円の場合とでは、1ドル90円の方が円高になります。為替の額が少ないのに、円高と表現することに対して違和感を感じる人もいるようです。けれども円の価値は、同じ為替の円に対してより多くのドルを得ることが可能であるほうが高いという考え方なのです。米ドルの他にも、世界にはユーロやポンドなど、国や地域の数だけ通貨があります。しかし外国為替市場は基軸通貨であるドルを中心に回っているため、ドル円を引き合いに為替を判断することが多いようです。もし海外へ行くならば、ドル円が円高のほうが何かとメリットがあります。正反対に円高でドル円が動いているときにあまりメリットがないのは、外国から日本へ観光へ来ている人たちでしょう。輸出面では、円高になると海外からの購入が有利になりますが、国内の労働力などが他国に対して高くなり、競争力の低下を招きます。日本の製造業は、2000年代に入ってからはサププライムローンやアメリカの財政問題などの関係でドル円の間の円高が進行し、かなり悪影響を受けています。円高によって国内の輸出産業やその下請け会社、輸入品と競合している産業はダメージを受けています。為替相場のドル円の取引は円高不況とも呼ばれています。(ref: 423220425-87)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です