ドル円の相場について

通貨単位のひとつであるドルは、アメリカ合衆国のUSドルだと国が決まっていない場合は思ってよいでしょう。為替取引を貿易や資本などについて行う場合に利用されるのがドルであり、国際決済通貨だといえるでしょう。円相場はドルやユーロとの比較で示されますが、特に米ドルに対する円の相対価値で表します。それぞれの通貨の需要と供給の関係で決められるのが、ドル円の為替比率です。ドルと円の需要と供給のバランスが変われば、ドル円の為替相場も変化します。ドル円のレートは日々変動していますので、タイミングを見計らって売り買いをすることで、為替差益を得ることができます。円相場の中でもテレビやニュースで出るものは、銀行の間でされた取引相場のことを指します。各銀行やFX会社が相場を基本として決定した為替レートに基づいて決められるのが、ドル円の交換比率というものです。為替レートからドル円の計算をするには、掛け算あるいは割り算をします。為替レートにドルを掛けることで、ドルを円に直すことができます。円を為替レートで割れば、円をドルに直すことが可能です。近年ではドルに対して円の価値が相対的に高くなり、円高の傾向にありましたが、ここ数ヶ月はやや円安傾向になっています。外貨準備といえばドルが中心でしたが、最近は円を準備通貨とする需要も強くなり為替相場でドル円では円の存在感が増しています。(ref: 423220425-86)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です