学資ローンの選び方

最近は、子供1人当たりの教育費用が上昇傾向にあります。子の成長は嬉しいですが、教育費の不足は学資ローンなどが役立ちます。どのような点に注意をして、学資ローンを選ぶといいものなのでしょうかる大きなポイントになるのは金利です。さまざまな教育ローンの中から実質年率の上限と下限を比較しましょう。変動金利か、固定金利かでも条件は大きく変わりますので、金利種類も重要になります。学資ローンは返済期間が10年以上と長期にわたるものもたくさんあります。長い返済期間の場合には、固定金利のほうが有利かもしれません。変動金利の場合には初めは金利が低く設定されていますが、長い期間の間に高くなることもありますので注意しましょう。一体幾らのお金を用立てなければいけないのか、学資ローンを使う時は確認することです。担保を使えばかなり大口融資も見込めますが、そうでなければ民間の学資ローンの場合は300万円~500万円の融資を受けるという形が一般的だと言われています。借入できる期間も慎重に検討しましょう。学資ローンは返済方法も重要なポイントです。返済は親子間で引き継ぐことが可能なのか、元金据え置き可能はあるかなどを調査してから学資ローンを使いましょう。繰り上げ返済ができるかどうか、手数料はいくらになるのかなども調べておいたほうが良いでしょう。学資ローンを利用する場合には、さまざまな金融機関や国の期間などを事前にしっかり調べることをおすすめします。(ref: 423220425-73)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です