ケミカルピーリングの種類について

数種類の薬剤が、ケミカルピーリングには用いられています。BHAとAHAという薬剤が、日本国内で盛んに使われているケミカルピーリングの薬剤です。ケミカルピーリングで良く使われるAHAと言うのは、りんごやみかんなどに含まれている酸の一種で、フルーツ酸とも言われているものです。果物から摂取できる成分なので、低刺激で肌に対してもマイルドであることが特性です。ケミカルピーリングの他にも、ローションや石鹸などにも使われているので、ご存知の人も多いのではないでしょうか。ケミカルピーリングのよく使われる薬剤のBHAは、サリチル酸といわれるものです。BHAはニキビ治療にも使われる、皮脂とよく似た成分です。ケミカルピーリングに使うBHAは、高い美肌効果が期待できます。刺激が強く、薬剤である酸が皮膚に浸透しすぎたりすると肌トラブルを起こすこともあり、日本ではあまり使われていなかったようです。近年では技術の進歩もあり、BHAによる肌トラブルも少なくなってきたために、よく使われている成分です。2つの他にも、ケミカルピーリング用として利用される薬剤は、いろいろとあります。ケミカルピーリングを施術する皮膚科や整形外科によって異なっていますが、トラブルを防ぐ為に試してみる前には少なくともどの薬剤を使うのか確認しておくようにしたいものです。(ref: 423220425-33)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です