円満退職をするための方法

転職先を決め、今勤めている会社を退社する時には、円満退職をしたいものですが、どんな予定で行動すると、円満退職が可能になるでしょう。円満退職をするには業務の引き継ぎや会社側が後任者を定める期間も考えて少なくとも1か月以上前には上司に退職の意思を表示しておきましょう。退職までの予定は、できるだけ周りに迷惑がかからないようなものにする必要があるでしょう。退職を決めたらお金の試算もしなければなりません。とくに転職先が決まっていない場合には失業期間中の生活費などの費用が必要です。上司とは有給休暇の残り日数なども考慮し退職日を相談しましょう。退職1か月前になったら業務の引き継ぎを行いましょう。引き継ぎを丁寧に行うことは円満退職のための重要なポイントです。後に仕事を引き継ぐ人がわかりやすいように資料作成をする場合もあります。10日前になったら、あいさつ状を関係者に出します。取引先へも挨拶し後任者の紹介をすることも円満退職のためには大事なことです。会社から借りていた備品を返したり、パソコンのデータをわかりやすく整理することも大事です。会社が保管している年金手帳、雇用保険被保険者証も受け取っておくのも忘れないようにしましょう。当日までにしっかりと担当業務を処理してやり残すようなことのないようにするのも円満退職のために大事なことです。円満退職のためには、退職する会社に迷惑をかけず、気持ちよく送り出してもらえるように心がけることが重要です。(ref: 404952688-95)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です