クレジットカード審査のチェックポイント

どんなクレジットカードでも、必ず申込みには審査がつきものですが、審査で行っていることとは何でしょうか。クレジットカードを申込みした人の属性がチェックされます。年齢や勤め先、年収額などを中心に点数をつけて、個人の信用レベルを測ります。安定した収入があり、一つの会社に長く勤めている人は、信用力が高いは見なされます。大企業か中小企業か、または正社員かどうか、勤続年数が極端に短くないかといった点は、クレジットカードの審査においては重要視されるところです。経済状況も必ずチェックされるポイントです。他の金融会社からの借入金を信用情報を取り扱う機関に問い合わせて確認します。過去の借入履歴や返済履歴を確認することができて、もしも返済が滞ったという記録が残っていればマイナスポイントとなり、不利になります。間をおかずに立て続けにクレジットカードの申込み手続きをしていると、信用情報会社にそのデータが残っていて、審査で断られる原因になったりします。その理由は、新しく借入したお金で、借金を返済する自転車操業に陥っている可能性を疑われるからです。どんな家に住んでいるかも、クレジットカードの審査の対象になります。賃貸より、持ち家住まいのほうが評価が高くなります。さたに居住年数も長いほうが、安定した生活をしていると判断できるので、審査は有利になります。独身で両親と同居している場合も、一人暮らしと比べて居場所を特定しやすいので、審査時にはプラスのポイントとなります。クレジットカードの審査は、安定した収入、返済能力、夜逃げの可能性を重点的に見られています。(ref: 404952688-75)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です