クレジットカード審査の方法について

クレジットカードを新しくつくるためは、カード会社の審査をクリアしなければならない仕組みです。最初に申込みした際の審査基準は、クレジットカード各社とも様々で、すべて同じという訳では無いようです。クレジットカードの審査を受ける時には、申込み書類に名前や住所のほか、働いている会社の名前や、勤続年数、年収、持ち家の有無などがあります。クレジットカード審査のためには、嘘や偽りがないように、正直に申告することが重要です。数値的な項目がありますが、多少の水増しをすることで審査に通る場合もあり、ある程度の許容範囲もあるようです。例えば、年収は年によって変動する会社に勤めている人も多く、多少の誤差は仕方がないかも知れません。勤続年数や居住年数は変動するものでは無いので、正確に記入すべき項目です。新規の顧客に足してクレジットカードの審査を行う場合、年齢や、年収、勤務先などの情報を吟味して、審査の結果を出します。申込み時の審査は、クレジットカード各社のそれぞれ独自の基準があるので、その基準をクリアしてはじめてクレジットカードが利用できるようになります。申込み書類が正しく記載されていないために審査を通らなかったということもありますので、書類は正しくつくりましょう。どのような審査があるのか気になるところですが、申込み内容をスコアリングというコンピューターによる自動スコアリングが行われます。スコアリングされる項目は、申込み用紙に記入された各項目で、勤続年数や年収などを総合的に判断して、融資するかどうか決定されます。コンピューターによる自動スコアリング以外にも人為的に判断する項目もあり、他社での借り入れがないかや返済の延滞の有無もあわせて審査されます。(ref: 404952688-74)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です