多汗症の治療方法の種類について

多汗症で困っている人は少なくありませんが、多汗症の治療関しては、色々なアプローチが知られています。多汗症の原因は他の病気などが原因になっているものもありますが、明らかな原因が存在しなかったりする原発性多汗症というものもあります。多汗症の治療方法は、どんな症状なのかによって違います。オーソドックスな治療方法としては、患部に外用薬を使うという治療法があります。毎日、塗り薬を使用し続ける事によって徐々に、多汗症の治療効果が出るといわれています。いずれにしても効果の持続期間は短いので、使用を続ける事が必要になります。広く取り入れられているが、ボツリヌス注射による治療方法です。ボツリヌス菌がつくる天然のたんぱく質を有効成分とする薬を注射します。重度の多汗症の人であれば保険が適用になる事もある効果の高い治療方法で、多くの人が治療を受けています。6カ月程度でボトックス注射の効果は切れてしまいますので、半年に1度は同じ注射を打ってもらう必要が出てきます。内服薬による多汗症の治療方法もあります。一番最初から、多汗症の治療に飲み薬を使うということはまずありませんが、注射をしても効果がいまいちという時や、何らかの理由で注射ができない時などに、飲み薬が処方されます。最終的には外科的な手術という方法も選択肢にはあります。塗り薬や注射、内服薬などの治療をしても効果が無い場合には、神経を切断する等の手術が行われます。最新の治療法ではレーザーやマイクロウェーブを使用した多汗症の治療方法も一般的になってきています。(ref: 404952688-43)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です