ワキガの原因や手術による治療

アポクリン汗腺という脇の下にある汗腺は、雑菌をふやす汗を分泌する性質があり、これがワキガの原因になると言われています。皮脂や雑菌と混ざらなければ、汗単体ではそれほど強い匂いません。雑菌が増えないように工夫をすることで、ワキガの匂いがしない状態にすることが可能です。そのために、雑菌の繁殖を防ぐ作用のある石鹸やスプレーなどが、よく使用されています。また、皮脂の分泌を防ぐために、油っぽいものをあまり食べないように気をつけている人も多くいます。ところが、体質によっては皮脂はどうしても多く分泌されます。根本的な体質かワキガ寄りであるならば、食事の見直しや、清潔さの維持も、効果が薄くなったりします。そのため、ワキガを根本から解決させるための手術もおこなわれています。ワキガの原因となるアポクリン汗腺を、手術によって取り除くという手法であり、アポクリン汗腺がなければワキガの原因になる汗をかきません。皮脂が分泌されても雑菌がついていても、不快な匂いが発生することはありません。アポクリン汗腺の除去には、皮膚を切開して直接除去するという方法や、皮膚に小さな穴を開けてそこから器具を挿入して除去するという方法があります。レーザーを皮膚の上から照射することで、アポクリン汗腺の機能を失わせるという治療方法もあります。(ref: 404952688-30)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です