就職活動では自己分析が大切

就職活動を大学生がする場合には、重要な位置を自己分析が占めるといいます。企業に対して自分がどのような人物かをしっかり伝えるために必要な作業が、自己分析です。大学生で自分の言葉で自分のことを説明でき言動が一貫している人であれば、今さら就職活動に際して自己分析することは不要です。自分に関して明確な人物像を描ける大学生はさほど多くありません。企業側は曖昧な物言いが多かったり、前後で辻褄の合わない発言があればその大学生がどんな人かがわからないでしょう。就職する大学生が自分自身を面接やエントリーシートを通して表現するために、自己分析が必要不可欠だといえます。自己分析ではまずは過去を分析することです。どんなことを熱心に行っていたか、自分はどんなことに達成感を得ていたかを認識するためにも、過去の成功体験や失敗体験を書き出してみましょう。心に刻まれているエピソード、今でも記憶に新しい印象的な出来事などを洗い出してみましょう。現在を過去の内容に基づいて分析するのです。適職診断が就職サイトにあるので利用するのもおすすめです。未来を分析する場合には、過去と現在を含めて考えます。できるだけ抽象的な表現を避けることが、自己分析では重要です。具体的な言い回しを心がけましょう。適切な自己分析は、大学生の就職活動において自分という存在の価値を高める効果があります。(ref: 404095673-274)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です