サプリメントと薬の飲み合わせ

サプリメントを利用している時に、風邪を引くなどして病院から薬を処方された場合の飲み合わせの問題を気にする人は少なくないようです。サプリメントから摂取していた成分と、薬の成分によっては、飲み合わせが悪いこともあるといいます。サプリメントも薬も、飲み合わせが原因で思わぬトラブルを招く場合があります。薬の効果が抑えられて十分発揮されなかったり、薬の効果が強すぎて体に負担がかかってしまう場合もあります。例えば、ビタミンKは血液凝固剤の作用を弱体化させることがあるとされています。ビタミンB6はパーキンソン病の薬の代謝を促進して、効き目を弱めてしまうそうです。サプリメントと薬との飲み合わせが悪く、効果が十分に出ないとなっては何かと問題ですので、飲む前に専門家に確認してから使うようにしましょう。病院や薬局、ドラッグストアで聞くという方法もあります。サプリメントも薬を飲むときと同じように白湯か水で飲んだ方が良いといえます。お茶やジュースでサプリメントの飲むことで、飲み合わせの弊害が出ることがあります。吸収効率が低下したり、効果が弱まってしまうことがあるといいます。お茶に含まれるタンニンは鉄と結びつく性質がありますので、鉄のサプリメントをお茶で飲むと吸収が阻害されてしまいます。サプリメントや薬の摂取には、飲み合わせに問題がないことを確認してから使うことが重要です。(ref: 322840589-68)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です