減量には食事を見直す方法が大切

体重を少なくする手段として、食事制限をすることによって減量をする人は少なくありません。食事制限をする場合、食事メニューを何にするかも大事です。基礎代謝をアップすることによって、脂肪が燃焼しやすくなり減量効果はより高まるためです。基礎代謝のより高い体質になるには、食事だけでなく、体を動かして筋肉増量をはかることです。ダンベルやストレッチなどの筋力トレーニングをすることで筋肉量が増えれば基礎代謝が上がります。筋トレをすることで体内のエネルギーを消費しますが、それだけでなく、筋トレによってついた筋肉が基礎代謝を向上する元にもなるといいます。毎日が難しい場合は、一週間に2回から3回でも十分効果があります。むしろその方が減量にいいという話もあります。筋肉量を増やすためには、何を食べるかについても気を遣うといいでしょう。体重を減らす事を目的としているからといって、低カロリーのものばかり食べていると、基礎代謝が下がってしまいます。筋肉量を増やすには、筋肉の源になる良いたんぱく質を摂取する必要があります。脂質の多い食事は高カロリーだからと、肉や油を一切使わない食事をすることで減量を実践するという人もいます。しかし、基礎代謝が低下すると消費カロリー量が減り、体内に多くの脂質を蓄積するようになるといいます。鶏肉、納豆、豆腐、ヨーグルトなどはカロリーが低く、たんぱく質の多い食材です。たんぱく質を上手に補給することが、減量を成功に導く糸口になるといいます。基礎代謝を高めるため、たんぱく質を補給し筋トレをすること。そしてカロリー摂取量が消費量を上回らないようにすることが減量のコツです。(ref: 322840589-6)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です