減量と体重が増えるメカニズム

効率的な減量を行うためには、どのような仕組みで体重が増えるのかを理解することが大事です。多くの場合、増える体重とは脂肪のことです。脂肪が増えるのは、一日で使い切れない量のカロリーを摂取した時です。消費し切れれなかった摂取エネルギー、つまりカロリーが脂肪などとして体内に残ってしまうために体重が増えるというとても単純で明快なものです。効率的に減量を行うためには、摂取カロリー量が消費カロリー量以下になるようにすることです。そうすれば自然と減量ができます。食べ物をエネルギーに置き換えた時の一日の摂取量が、多いか少ないかが大事です。消費カロリーとは、一日の運動や活動で必要となったカロリー量と、基礎代謝という体温維持や心肺機能、内臓の活動のために必要とするカロリー量の総量となります。基礎代謝は人間が使っているカロリーの70%であるといいます。減量する為には、基礎代謝をあげる必要があります。すでにダイエットを実践している人は低カロリーの食事に体が慣れてしまっていたり、たんぱく質の不足によって、基礎代謝が低くなっている場合もあります。たんぱく質を取り入れ、運動量を増やすことで、基礎代謝が下がってダイエットがうまくいかないという方の突破口になります。健康に良い減量をするには、基礎代謝の高い体質に改善することがポイントになります。基礎代謝の高い体になることで、普段通りの活動をしていても脂肪燃焼が促進されるようになります。(ref: 322840589-5)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です