体重と減量について

体重など目方を少なくする行為が減量です。減量という言葉で連想するのは、ボクシングのために選手がサウナや食事制限で体重を減らすことではないでしょうか。ボクサーの減量は非常に苦しいもので、ギリギリまで食事量を減らしたり汗をかいたりしています。一方、私たちの行う減量は試合を目的にしていないため、そこまでする必要はありません。ボクサーは日々トレーニングで体をつくり、試合のためにある程度の準備は整っています。アスリート選手でもない人ならば、日頃から体を動かしているといっても限度がありますので、そこまでの減量は体に悪影響となります。そもそも、短い期間で一気に体重を少なくするような減量は、リバウンドのリスクを高めることがあります。体重を減らすのであれば減量後もリバウンドしないで、体重が減った状態を維持したいと誰もが思うものです。体内に脂肪が蓄積される過程を知ることによって、リバウンドのない減量方法がわかります。体重がどうして増えるかを知ることで、健康的な減量にはどんな食事、運動、生活リズムが適しているかがわかります。何気なく体重を測ってみたら、びっくりするくらい増えていたということもあります。食事量が特に増えたわけでも、運動量が特に少なかったわけでもないのに、体重が多くなっていたということもあります。増えた体重を減量するのも大切ですが、日々の体重を管理して健康的な体重を維持する努力を怠らないようする事も大切です。(ref: 322840589-4)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です