カードキャッシングでお金を借りる

成人の6割がカードキャッシングを使ったことがあるというくらい、カードキャッシングは一般的になっています。生活費の足しに、交際費に、ショッピングにと、キャッシングの利用目的は人によって様々です。カードキャッシングとは、融資の引き出しや返済に専用のカードを使うことからついた名称です。申込み時に振込先の口座を指定して、借り入れ希望額の振り込み手続きをするという人もいます。口座に痕跡を残したくないという人は、ATMに専用のカードを通すことで、借り入れ金を引きだせるわけです。一度発行されたカードには維持費はかからず、限度額以下の借り入れを幾度もできます。自分のお金を引き出す場合で、時間帯によっては手数料がいります。場合によっては、銀行から自分のお金をおろすより、カードキャッシングのほうが得な場合もあります。時間外手数料を払って自分の口座からお金を出すより、1日2日の利息分でカードキャッシングを使う方が安くなったりもします。最近は無利息キャッシングも人気がありますので、無利息期間の返済であれば利息なしで融資を受けることができます。無利息融資は、全てのキャッシングで行われているわけではないですし、回数制限があるところもあります。どの金融機関で借りれば無利息が可能なのかを把握しておくことで、お金を借りなければいけなくなった時に速やかに対応することが可能です。ATMにカードを入れ、操作をしてお金を引き出すという一連の行動は、口座の貯金を引き出すことと似ているため、借金感覚がどうしても薄れてしまいがちです。色々な言い方はありますが、キャッシングとはつまり借金であり、借りたお金は絶対に返さなければいけないものであることは、心に刻んでおきましょう。無理なく返せる範囲の融資に留められているかを、カードキャッシングの利用時には確認することが重要です。(ref: 167094628-86)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です