銀行のおまとめローンのデメリット

低金利で融資を受けられることがおまとめローンの利点ですが、その反面、注意点もあります。そのデメリットの一番は、審査が厳しい事が、多いということです。おまとめローンの場合、いくつかのローンを一括する為、借り入れ金額が大きくなります。銀行サイドからしてみれば、大口融資を行った後、貸し倒れになっては大変です。貸したお金を返せないような人に高額の融資を行ったら、銀行としても大損になってしまうのは目に見えています。審査を行う時も、銀行は貸したお金を返してくれそうな客なのかという点を重視するようになります。もし、審査の結果がうまくいって、銀行のおまとめローンが利用できるようになれば、複数のローン会社から借りていた融資を全て返済できます。人によっては、再び新しい借り入れが可能な状況になることもあります。おまとめローンを利用できるようになったことで、精神的にも余裕が出て、油断につながりがちです。そして、つい、また買い物がしたいと思うようになる人もいます。せっかくおまとめローンを使えるようになったのに、別のローンを組んでしまって、返済に汲々としており、苦しい状況は変わらないという人もいます。おまとめローンを銀行から借りることでローンの負担が減ったとしても、認識しておきたいことがあります。おまとめローンを使ったとしても、借りたお金が消滅したわけではなく、返済義務は変わらず残っています。おまとめローンの審査に通ったことで、問題が一気に解決したような気分になることは錯覚です。おまとめローンを組むことができても、それで問題解決というわけではありませんので、銀行に返済をきちんと行いましょう。(ref: 167094628-82)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です