銀行のおまとめローンの仕組み

おまとめローンを扱う銀行か多いですが、どんな構造になっているのでしょう。おまとめローンを利用する前に、現在借りている全てのローンを書き出してみます。借り入れしているローンを全部足して、残っている返済総額を算出します。そして、その全額を一括して借りる手続きをして、借入先を1つにまとめるのが、おまとめローンの仕組みです。借りたお金を全額支払い終わるためには、相当な額を借りられる金融会社を探す必要が出てくるでしょう。おまとめローンとして使うためのローンは、金利が低く、高額の融資が可能なところに限られるため、銀行になりがちのようです。審査にパスしない限りは、おまとめローンをするための融資を受けることはできません。おまとめローンとして借りたお金は、顧客のもとは経由しません。銀行から、直接融資先の金融機関に送られ、返済金として処理されます。以後、おまとめローンの融資を受けた銀行へと、毎月返済を続けていくことになります。ローンというのは、借りたお金の返済期間が予め決まっていますが、返済期間を短縮して繰り上げて払うことができれば、支払わなくてはいけない利子の金額も安くなります。本来の返済日よりずっと早い期日で全額を返すことになりますので、おまとめローンで借りなければいけないお金は少なくなります。いくもの会社からお金を借りていると、月に何度も返済日がやってきますが、おまとめローンにすれば月の返済日は1回限りです。借りたお金を滞りなく返すことができるかという重圧は、ローンを借りる上ではどうしてもつきまとうものです。おまとめローンにすることで、このローンさえ返済すればいいという点で、見通しが明るくなります。おまとめローンにすることで、返済にかかる利息をより少なくすることが可能です。銀行は低金利での融資が期待できますので、そのぶん、完済までに必要な利息を減らすことができるというわけです。(ref: 167094628-81)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です