子どもに不足しがちな栄養素

子供の栄養不足が問題視されていますが、その原因は、食事や生活の内容だといいます。では、実際の所、子どもに不足しがちな栄養素とはどのようなものなのでしょうか。特に気をつけなければいけないものは、鉄とカルシウムが不足することです。血液には鉄分が、骨や歯にはカルシウムが必須です。どちらの成分も、子供になくてはならないものといえます。牛乳、小魚などの魚介、大豆製品を摂取することで、カルシウムは補給することが可能です。鉄分を確保するには、肉、卵、豆などを食べるといいでしょう。子供が栄養不足にならないようにするためには、朝昼晩と3回の食事をしっかり食べることを習慣づけることです。近年は夫婦共働きの家庭も多くなり、レトルト品やインスタント品の出番も多くなりがちですが、栄養不足にならないようにしたいものです。加工食品の中にも優れたものは存在します。上手に良いものを選び活用することで、時間短縮にもなりますのでおすすめです。子供の栄養不足対策には、体にいいおやつを出すという方法もあります。朝昼晩の食事では不足している栄養素を、おやつの果物や芋類で与えるというやり方もあります。食事バランスガイドには、どんな食事をすれば栄養不足にならないかが記載されています。子供は、発達段階によって必要となるカロリー量が変わりますので、その時々に最適な食事を用意していくことが理想的です。子供がすくすくと育つように、栄養不足にならないようにしていきましょう。(ref: 167094628-68)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です