日本人に不足しがちな栄養素

食余りが指摘されている現代の日本において、栄養不足と聞くと意外だと思うでしょう。実際、私たちは、美味しい食事を摂っていると思いがちですが、栄養的に見ると、意外にも不足しがちだと言われています。ビタミンやミネラルが不足し、炭水化物や脂肪ばかりの食事を日常的に行っているという人が、日本では多い傾向にあります。普段の食事がカロリー過多になっている背景には、パンや乳脂肪分の多い欧米の食事スタイルを選ぶ人がたくさんいることにあります。野菜から摂取できる栄養も、昔と比較すると随分と減少してきています。にんじんから摂取できるビタミンAの量を見たときに、1980年のニンジンは、1950年のニンジンの30%程度しかありませんでした。この傾向は現在でも進んでおり、一層、栄養が少なくなっているといいます。せっせと緑黄色野菜を食べても、かつてほどは栄養を得ることができないというわけです。野菜の栄養価が下がっているのは、日本の土地が痩せてきているからです。土壌に含まれるビタミンやミネラルは、土から栄養素を吸い上げています。土の中に含まれている栄養が足りないことが、野菜の栄養不足になっています。栄養の少ない食事が増えたバックグラウンドには、加工食品への依存率が高くなってことがあります。お米は白米に精製することで玄米に含まれていた栄養が失われますし、レトルト製品や便利な温めるだけのおかずもあります。熱を加えるだけで、失われてしまうような栄養素もあります。現代人の食卓では、どうしても栄養が不足しやすいですので、サプリメントで栄養を摂取することは、意味があるのではないでしょうか。(ref: 167094628-66)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です