食品と合成サプリメント

サプリメントを大別すると、天然成分を原材料にするものと、合成成分を原材料にするものがあり、それぞれ性質が違います。天然素材のサプリメントと、合成素材のサプリメントの違いについて調べてみました。合成のサプリメントと聞いて、原料は何を思い浮かべますでしょうか。合成でつくったものといっても、消化吸収をするサプリメントの材料なのだから、食物の一種ではないかと考える人もいます。食物に限定せずとも、化学合成を使えば、サプリメントの原材料になります。精製した石油を化学合成によって栄養素にして、それをサプリメントの材料にしていることもあります。結局は栄養素だから問題ないという考え方もあるかもしれませんが、体と一体化する栄養成分だと思えば、天然成分からつくられたサプリメントのほうが信頼できます。ぱっと見で、合成か、天然かは完全には識別はできませんが、香りがきつすぎるものや、不自然な色をしているものは、合成素材である場合があるようです。表面に不自然なテカリがあったり、色がどきついものは、合成着色料や、香料を使って本来の形がカムフラージュされています。購入前に、サプリメント商品のパッケージに記載されている表示内容や含まれている成分をしっかり確認する事も大切です。配合成分が似ているのに、価格に大きな開きがある場合は、安いほうのサプリメントが合成成分を原材料にしていることが多いようです。合成素材よりずっと安く、大量に合成成分を製造することが可能なため、サプリメントも安くできるのです。身体への吸収は、合成成分からつくれれたサプリメントのほうが低いという話もあるようです。使い続けるのは自分ですので、合成素材と、天然素材のどちらが自分の希望に合致しているかを合わせて考えながら、サプリメントを選択してください。健康維持のためには、第一に食品、第二にサプリメントですので、サプリメントの前に、普段の食生活を見直してみてください。(ref: 167094628-65)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です