食品と天然サプリメント

体に不足している栄養素の補給に、食品を使わずにサプリメントで何かしたい場合の、注意事項は何でしょうか。サプリメントの現在利用には、天然素材と、合成素材とがあります。やはり、食品の代わりにサプリメントで栄養を補う目的なのであれば、合成素材のサプリメントではなく、天然のものが良いといえます。最も望ましい状態とは、食品だけで体に必要な栄養を摂取できることです。天然成分は、合成成分より食品に近いものです。原料に天然の成分を使っているサプリメントのほうが、栄養素が吸収されやすいといいます。天然成分に比較すると、合成成分は1/3しか栄養素を吸収できていなかったという資料もあります。自然界に存在している動植物が天然素材であり、つまりは普段食べている食品と大差ありません。栄養素同士はそれぞれが個別のものではなく、いくつかの栄養素をまとめて摂取することでその機能が向上したり、効果が上がったりします。天然成分のサプリメントは、合成成分のサプリメントよりも、製造コストが高くなりますので、サプリメント自体の販売価格も高いものになる傾向があります。価格だけを見るとデメリットと感じられますが、体の事を考えるならば、やはり天然素材のサプリメントの方が良いと言えます。石油系の物質を、化学合成によってサプリメントの材料としているような、合成成分もあります。いくら精製した石油であるとはいえ、食品とは縁遠いものからつくられた成分だと聞くと、気が引けてしまいます。サプリメントの材料が合成物質となると、万が一の副作用が起きるのではないかと心配する人もいます。継続して口に入れるサプリメントですから、可能ならば天然素材が理想的です。サプリメントを使っての栄養摂取は二の次で、健康を維持するためにはまず食事を改善し、栄養源を確保することが重要なことです。(ref: 167094628-64)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です