バランスの取れた栄養摂取の方法

食事からの栄養摂取とは、食べたいものを食べるだけではなくて、偏りなく摂取することが大事です。栄養が偏らないように食事内容を決めることは、健康のためには大事なことであるといえてるじょう。栄養バランスの取れた食事内容とは、どういったものなのでしょうか。栄養バランスの良い食事とは、その人の1日の活動量や、体重、身長によって異なってきます。平均で見た場合に、最も適した食事の量や栄養バランスはどうでしょうか。栄養には3大栄養素というものがあり、これが、人体の維持には大事になります。栄養素の中でも比較的知名度が高い、たんぱく質、脂質、炭水化物が3大栄養素です。体のためには、できるだけ脂質を減らすものと考えている方もいますが、健康を維持するためには脂質は一定量必要であり、多すぎないようにチェックすることが肝心です。この頃は、炭水化物を全て排除するというローカーボンダイエットが注目されています。ですが、炭水化物は体を維持するために大事な栄養成分です。炭水化物を全く食べない生活は、体によくない影響を与える可能性が高いと言われています。炭水化物は、エネルギーの源であり、体が活動するためには必須の栄養素となっています。消費カロリーより多い摂取カロリーを炭水化物で得ていると、消費がお居つかなかった分は脂肪になってしまいますが、かといった摂取しないでいると、エネルギー燃焼率の悪い体になります。食事の内容を決める時には、少なくとも、炭水化物、脂質、たんぱく質の3種類は、か不足なく摂取しましょう。偏りがない食事のメニューを考える時には炭水化物:脂質:炭水化物を5:3:2にしましょう。厳密にカロリー量を計算しなければいけないという状況てはない限り、食事からの栄養の摂取量は、おおまかなところがいいでしょう。(ref: 167094628-59)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です