にきびケアのための正しい洗顔

きちんと顔を洗うことが、にきびケアの鍵を握ると言われています。間違ったにきびの洗顔方法では、にきびを改善するどころか、反対ににきびを悪化させてしまいます。にきびをケアするには、洗顔の方法をチェックし直すことが必要です。洗顔をするための手が汚れていると洗顔の効果がありませんので、まずは手をきちんと洗います。にきびのケアを目的に顔を洗うなら、ぬるま湯を使うようにするといいでしょう。ぬるま湯で顔を洗うことで、顔の余分な汚れだけを洗い落とすことができます。毛穴が開いていた方が汚れがよく落ちるので、冷水は向きませんが、湯温が熱すぎると、顔を乾燥から防ぐ油脂まで流れてしまいます。忙しい朝の時間帯では、しぼったタオルをレンジで温め、そのタオルを顔にあてて、毛穴を開かせてからの洗顔も効果的です。ぬるま湯で洗顔が終わったら、石鹸や洗顔ソープをしっかりと泡立てます。指の腹で泡を転がすようにしてそっと洗います。髪の生え際や額など、にきぴができやすいところは特にきちんと洗いましょう。仕上げのすすぎで泡残りがないように、十分にぬるま湯ですすぎます。にきびのためには、泡汚れを残留させないようにします。顔にシャワーをあててすすぐ人もいますが、顔への負担が大きくなりすぎるようです。洗顔が終わったら、吸水性のいいタオルを顔に押しあてるようにして、こすらずに顔を拭きます。毎日、肌に負荷をかけずに汚れだけを取り除けるような洗顔で、にきびをケアしていきましょう。(ref: 167094628-44)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です