ダイエットメニューとたんぱく質

ダイエットのためにメニューを見直す場合、食事の分量を少なくすることによって痩せようとする人がいます。けれども、栄養の偏りが極端になりすぎると、逆にダイエットがうまくいかないことが多いので、気をつけましょう。ダイエット中のメニューで、必ず摂らなくてならない栄養成分に、たんぱく質があります。たんぱく質は、筋肉を作るために必要な栄養成分で、筋肉の量は基礎代謝と重要な関係があります。人の体は、生きていくために一定のカロリーを必要としており、これを基礎代謝といいます。基礎代謝とは安静にしている時でも使うカロリーですので、基礎代謝が高ければ高いほどダイエットがしやすくなります。ダイエット中に筋肉が衰え、代謝が下がってエネルギーが燃えにくくなるということが起きないよう、たんぱく質を摂取しましょう。ダイエットがうまくいかなった背景に、たんぱく質が足りない食事メニューにしていたという人もいます。食べ物から一向にたんぱく質が得られないと、ホメオスタシスという作用が働くようになって、ダイエット効果が十分に得られなくなってしまいます。食料の補給が途絶えた時など、緊急事態が生じても長く生きていくことができるように、ホメオスタシスという機能があります。ホメオスタシスが働くと、代謝が下がって少量の食事で生命維持が可能です。たんぱく質を長期間取らない食事メニューばかりだと、体は緊急時だと判断してしまう事があるのです。健康維持に必要なくらいのたんぱく質と、カロリーのある食事メニューにしなければ、ホメオスタシスが機能してダイエットに支障が出てしまいます。たんぱく質の補給がしっかりと行われていないと、筋肉の量が減って、基礎代謝が下がって、脂肪が燃焼しづらくなります。基礎代謝は性別や年齢などに左右されますが、体内にどのくらい筋肉があるかも関係しており、筋肉が少ないと基礎代謝も下がってしまうわけです。ダイエットに適した食事メニューにするためには、基礎代謝がダウンしないように、たんぱく質や、カロリーもある程度は補給していきましょう。(ref: 167094628-9)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です