ダイエットメニューとホメオスタシスについて

いくらダイエットメニューだといっても、極端に低カロリーだったり、脂肪を全く含まない食事では、栄養に偏りがあり、健康を害する恐れがあります。ダイエットを順調に進めるためには、健康状態がよいことが大前提となります。低カロリーの食事をしていると、一過性の体重減少は可能かもしれませんが、継続的な効果は得られません。ダイエットをする時は、安直なカロリー制限に走らないようにしましょう。食事量を減らすことが、ダイエットの失敗要因になる人もいます。食事の内容を一品メニューにするという方法もありますが、ダイエットにはプラスに作用しないこともあります。ダイエットについての知識を持たず、ただ漫然と食事を少なくしていると、リバウンドの温床になります。せっかくがんばったのに、ダイエット前よりも体重が増えてしまうケースも多々あります。ダイエットメニューに切り替えた結果、カロリーが少なくなりすぎたり、たんぱく質や脂質がほとんどない食事にしていると、病気になったり、体調を崩してしまうことがあります。また、ダイエットのためにとカロリー量の少ない食事を続けていると、体に必要な栄養を確保することができずに、ホメオスタシスという作用が働く可能性があります。思いがけない自体が生じて食事の補給が途絶えた時などに、体調を壊さないように備わっている機能がホメオスタシスです。トラブルが起きて食事の補給が止まったと判断すると、ホメオスタシスを働かせて、少ないカロリーで生きていけるようにします。不測のトラブルで食事の補給が途絶えた場合でも生きていけるように働くのです。ダイエットにより食事を減らしても、ホメオスタシスが作用すれば、少ないカロリーで生きていける省エネ状態になります。カロリー制限をしているのに体重は一向に減らず、食べるとすぐリバウンドするという体になります。ダイエットの時のメニューを考えるならば、ホメオスタシスが働いて超低消費モードにならないように注意する必要があります。体に必要なビタミン、ミネラル、炭水化物、脂質をきちんと補給できるようなダイエットメニューにすることがポイントです。(ref: 167094628-8)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です