クレジットカード手数料の注意点

クレジットカードの手数料について注意すべき点がいくつかあります。クレジットカードの手数料を加盟店に支払うというものだけではなく、悪質な加盟店による被害の例が報告されており、加盟店による詐欺事例があるといいます。カード支払いの時にこっそり架空の取引を送信したり、本来の金額にこっそりと金額を上乗せしたりされる事があるのです。利用者がしっかりチェックしなければならないのは、クレジットカードの請求金額だけでなく、店員の不審な行動なのです。カードの加盟店によっては、別室にクレジットカードを持って移動する場合もあるので気をつけましょう。最低利用金額の提示についても注意すべき点です。加盟店の規約により、利用金額の多少によって、クレジットカードの利用を制限してはならない事が決まっています。店舗によって、最低利用金額を提示している例もあります。手数料の差引利益率が低い場合や飲食店のランチ時間帯の混雑する場合など、価格以外の理由でクレジットカードが使えないのは許されている様です。加盟店はカード手数料の負担を少しでも減らす為の対策を取っています。割引クーポン使用時のカード払い不可とか、現金払いは10%ポイント還元等です。手数料を減らす対策は加盟店規約では規制されていません。各店舗による販売価格に対して手数料等の上乗せが、あくまでも認められていないということになります。とても便利なものが、クレジットカードですが、使用する時は手数料はもちろんのこと、何が自分にとって1番得なのかを考えることが重要です。(ref: 115323981-76)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です