クレジットカード手数料の仕組み

クレジットカード手数料の仕組みをご説明します。利用者がクレジットカードの手数料を支払う必要がない事を、クレジットカード手数料の仕組みがわかると、理解できるのではないでしょうか。加盟店で、カード会員がクレジットカードを使って買い物をした場合です。引落日迄に、会員が銀行口座に利用代金を入金するという信用のもとで、カード会社は加盟店に立て替えて代金を支払います。代わりに加盟店は信用の証として、利用代金の3%~7%の手数料をカード会社に支払うのです。加盟店にとってはクレジットカード決済だと手数料分だけ儲けは少なくなりますが、今現金が無いから買い物はやめようという売り逃しを減らせます。最終的には売上が増える事になるようです。カードを持っていると、つい財布の紐が緩み高価なものでも購入してしまう傾向が、顧客の方にはあるようです。手数料分を差し引いても、加盟店にはメリットが生じるようになっています。手数料を加盟店から受取る他も、カード会員からは分割、リボ払い、キャッシングの際の金利手数料、年会費などを、カード会社は受取るようになっているのです。利用者が購入しやすい環境を整えることで、クレジットカードが利用できる加盟店では、売り上げアップをすることが出来るかもしれないのです。メリットが十分に、加盟店、クレジット会社ともにあるといえます。実際クレジットカード使用するときの手数料請求には、従う必要は無いと考えられるといえます。(ref: 115323981-75)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です