肌質とスキンケア選び

肌質に合わせて販売されているものも、スキンケア商品にはあります。個人個人の肌質もスキンケア選びには、大きく関係してくるからです。大きく分けて肌は4タイプあり、その分類は敏感肌、混合肌、脂性肌、普通肌ということになります。肌質は常に同じではありません。年齢や季節、生活習慣などによっても変わります。肌質がいつの間にか変わっていたということも珍しくありません。前の晩ににスキンケアをして、肌の状態を翌朝に確認するとよくわかるのが、前の日の晩のお手入れが肌にいいものだったかどうかということです。ひどく脂っぽさが残るようであれば、スキンケア用品はさっぱりしたものに替えることをおすすめします。化粧品や美容液は、乾燥している場合には、保湿目的で販売されているものを使うのがおすすめです。ファンデーションの変化で、昼は肌の状態がわかるようです。乾燥しているところは粉っぽさや細かい縦ジワができ、脂っぽいところは脂浮きや化粧くずれがおこります。最近販売されている化粧水には、セラミド配合のものやヒアルロン酸配合の商品があります。近頃は、敏感肌の人がストレスや環境変化に伴い増加しているため、たくさんの敏感肌用の化粧品が、スキンケア用品でも販売されています。案外多いのが、乾燥肌と脂性肌が混じった混合肌の方です。気をつけたいのは、アルコールフリーで販売されているスキンケア商品を使って、肌のバリア機能をこれ以上損なわないようにすることです。(ref: 115323981-46)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です