化粧落としの洗顔料の選び方について

洗顔料選びは、化粧落としには避けては通れません。よく使うものですので価格や香りも大事ですが、配合成分も無視できません。石油成分を使った界面活性剤や、防腐剤パラペンをふんだんに使っている洗顔料も少なくありませんので、成分表示の欄は入念にチェックしてください。肌へのダメージを少なく汚れだけを適切に落とすには、肌に優しい洗顔料にする必要があります。お肌がダメージに弱いという方は、刺激がマイルドな天然成分配合の洗顔料を使うようにすべきかもしれません。天然成分というと肌に優しいだけで、化粧や皮脂がきちんと落とし切れないのではと不安になってしまう方もいらっしゃるかも知れません。肌にダメージが少ないことだけが天然成分のメリットとはいえません。石油系成分が含まれていなくてもメイク落としや皮脂汚れをおこすパワーはありますので、洗顔料として申し分なく使えます。肌が乾燥しがちという方は、粉状の水に溶いて泡立てる洗顔料を使用してみてはどうでょう。普通のせっけんでは顔を洗った後に肌が張るという場合、粉石鹸のしっとりした洗い心地がいいようです。単に化粧をおとすというだけでなく、スキンケアにもいい洗顔料です。混合肌やオイリー肌の方は、固形石鹸のほうが洗った後でサッパリとしますので、気持ちが良いのではないかと思います。石油系の界面活性剤をたっぷり使った固形石鹸では、洗顔後の肌がおかしなほどにうるおっておりツッパリもないこともあります。肌を傷めない適切な化粧落としのため、肌の状態に合う洗顔フォームやせっけんを使いましょう。(ref: 115323981-27)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です